趣味からビジネスへ

  1. Home
  2. 趣味からビジネスへ

2014-07-21 21:00:00

カテゴリー:未分類

今日は市場調査のために

 

朝の5時起きである場所に来ています。

 

 

今仲間とあるビジネス案件について

 

色々と準備と調査を進めて

 

います。

 

 

その中で分かった事ですが、

 

何か1つ秀でた知識や技術、才能

 

を持ち合わせていると

 

そこからビジネスに繋げていく事は

 

案外容易になるという事です。

 

 

その得意分野を深堀

 

していく事でそこにニーズが

 

存在すれば、それはビジネスに

 

なるからです。

 

 

例えば、

 

機械に強い。

 

楽器演奏ができる。

 

料理が上手い。

 

こういった特技を持ち合わせている

 

だけでもビジネスをする事は

 

可能です。

 

 

音楽レッスンしますよ。

 

料理の作り方教えますよ。

 

という感じで、広告をうつなり

 

して集客すればいいのです。

 

 

ただ、難しいのは

 

そういった技術を持ち合わせていても、

 

それをビジネスとして活かしていけるか

 

という部分が問題です。

 

 

大抵の場合は、趣味程度としか

 

捉えていません。

 

仮に料理がプロ並みに上手くても

 

せいぜいご近所さんや

 

友達に振る舞って終りです。

 

 

ギターが仮に弾けたとしても

 

それをお金をもらってレッスン

 

として行おうとは中々思えません。

 

 

身内で楽しんでいる分には

 

気楽でいいですよね。

 

でもそこから、何かを人に教えたり

 

提供してビジネスに発展させていく

 

という部分で大きな壁を感じるんです。

 

 

しかし、僕が考えるに

 

「ビジネス」というものをそんなに

 

かしこまって捉えなくても

 

いいと思っています。

 

 

なぜなら、「ビジネス」の本質とは

 

とてもシンプルだからです。

 

要するに、相手に「価値」感じで

 

貰えれば良いわけですから。

 

 

例えば、

 

CDを例に挙げてみます。

 

あのCDディスク自体の原価って

 

30円程度なんです。

 

それが1000円以上で売れるのは

 

アーティストの歌や曲がディスクの中に記録

 

されていて、デッキに入れると

 

そのアーティストの音楽が楽しめるからです。

 

そこに1000円払ってもいい。

 

払う価値があると思うから

 

何万枚、何十万枚と売れる

 

訳です。

 

 

ビジネスとは単純に

 

「価値と価値との等価交換」

 

で成り立ちます。

 

凄くシンプルな構造で成り立ちます。

 

構造とも言えませんね。

 

ビジネスの本質ってとてもシンプル

 

なんです。

 

 

この部分をしっかりと捉えて

 

ぶらさなければ、

 

ビジネスの種って案外そこらじゅうに

 

転がっていたりします。

 

 

そこを意識していると

 

大きなビジネスチャンスを

 

掴まえることができるかもしれません。

 

 

 

ぽちっとご協力お願い致します。

 

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。




コメント(必須)